なぜWarmRelationを経営しているの?~荒木がキャストを行う理由~

2018-3-4 | イベント

  • 唐突ですが、冒頭から「ぶっちゃけ話し」をさせて頂きます。

実は、昨年のWarmRelationは経営危機でした。

危機というのは、2年前に私と変わって運営リーダー(コンサルタント)となった武田が辞めたことで、サイト管理を継続することが難しい状況だったことです。

急遽、私が昨年の9月にWarmRelationの運営リーダーとして2年ぶりに戻って参りました。

それまで私は何をしていたかと申しますと、

現在も続けている、不動産ビジネスと、コーチングやカウンセリング学習に集中しておりました。

2年前に荒木不在となったWarmRelationは、
徐々に全体のやる気、コンテンツの低下、お客様離れなどの低迷が続いておりました。

私はそれを知っていましたが、
「この業界の構築は厳しい」と決めつけて傍観していたのは正直な話しです。

しかし、そんな中でもWarmRelationの中で根を張り、何年も頑張ってきた人達がいます。

それは、現在トップキャストの三菱修哉、工藤夏樹、事務局の遠野です。

私は、昨年から彼らと何度も時間を作り、
お互いが感じていたジレンマやWarmRelationを「どうしていきたいか」を話し合いました。

・もっとお客様を喜ばせたい
・もっと自分を成長させたい
・お金以上のやりがいをキャストに伝えたい

私は、彼らとなら作り直せると思い、オーナー兼Web担当のI氏と「もう一度作り直そう」と誓いました。

それからは、サービスを支えてくれた多くのお客様とも話し合い、様々な意見を頂いたことで、

より徹底した誠実さ、サービスの安心感、サイトへの透明感を見直してWarmRelationの再建を約束しました。

私がいま、経営内部を正直にお話しをさせて頂いている理由は、

これまでご利用頂いたお客様、
これからご利用を考えている方々、
キャストの皆さんに、

WarmRelationの「誠意」と「期待」を感じて頂きたいからです。

現在、

荒木、事務局の遠野を含め、元運営リーダーの武田も戻り、

マネージャーの足立、
キャストリーダーの結城、神流も加わったことで、「より高いサポート体制」を目指しております。

-さいごに-

WarmRelationは私の「財産」です。

お客様、スタッフ、キャストたちとの出逢いの起源はWarmRelationにあります。

私は
「WarmRelationで責任が持てるリーダーを育てたい」

経営理念は、

・金銭以上の「やりがい」を持つこと
・関わる全ての人に「感動」を持たらすこと

誰よりもこの理念を伝え、

〈WarmRelationの素晴らしさを広めるために〉私はキャストとして現場にいます。

改めて、

荒木のブログをご覧くださった全ての方々へ

皆様の日常に「より良く還元する努力」をここに宣言させて頂きます。

ご覧頂きありがとうございました。

荒木涼一

WRITER- 荒木 涼一 -

荒木 涼一

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -