働きたくなくなるくらいたのしい幸せな時間

2020-7-7 | その他

 

今日は七夕。

 

そうです、おり姫星とひこ星が1年に1度会うことができる七夕です。

でも、今の時期はほとんどの地域は梅雨ですよね。

なんでこんな時期にしか会えないのでしょう。。

 

 

もともと七夕はお盆の時期ぐらいだったそうです。

明治6年(1873年)から、太陰太陽暦ではなく西洋式の太陽暦を使うようになったことによって

なんと

 

1ヶ月早くなったそうです。。

 

だから梅雨の時期に会わないといけなくなった、お星さまたち。。。

 

でも、そもそも1年に1回しか会えないのに、しかも悪い天候時期に会えない。

恋は障害が多いほど燃えるものなのでしょう。

て、妄想はしてみたものの

 

なんだろ、七夕って?

 

おり姫星とひこ星が会える日ってくらいしか認識ない!

 

調べてみました。

 

*********************************

 

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。

 彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。

  めでたく夫婦となったが、

   夫婦生活が楽しく織姫は機を織らなくなり、

    夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。

     このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離した。

      でも天帝は、年に1度だけ7月7日に会うことをゆるした。

 

*********************************

 

厳しいお父さんですね。。。

働きたくなくなるくらいたのしい幸せな時間って羨ましいなとか思うし

お金より大切なものってある気はするけど。。。

まあ、昔話ですからね〜🤗

 

 

皆さんは願い事しましたか、

自分はしましたよ、内緒ですが。。😌

 

 

あ、写真は仙台の七夕祭りのものです。一度行ったことがあるけど、迫力があって色がすごく綺麗でよかったですよ。

今年は開催されてないかな。

 

 

でわでわ、いい夜をお過ごしください。

峯田 優介

WRITER- 峯田 優介 -

峯田 優介

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -