超簡単安眠法

2019-5-15 | その他

こんにちは

 

相生です。

 

ツイッターの質問箱にて「寝られない時の対処法」に関するご質問が寄せられましたので、ブログに書きます。

 

入眠困難や不眠障害は生活のパフォーマンスを下げたり、精神に影響を及ぼすので、少しでもお役に立てればいいなぁ。

 

眠られない時って眠られない!と思うとかえって緊張して眠られなくなるので

 

交感神経の働きを抑え、副交感神経とのバランスを整えてあげます。

 

マインドフルネスに通ずるところです。

——————————————

1まず仰向けになり、足を肩幅ほど、手のヒラを上に向け、自然な体勢を取ります。

 

2呼吸は腹式(寝ている状態だと自然になるはず)でゆっくり吐き、ゆっくり吸います。

 

3次に身体を弛緩させて行きます。

手、腕、肩、足、

ふくらはぎ、太もも、おしり、腰

頭、首まわり、胸、お腹、背中

といった感じに順番に緩めて行きます。

一度ぎゅーと力を入れてから、力を抜くと緩める感覚が簡単につかめると思います。

 

4.呼吸に集中しましょう。

時計の秒針が気になったりするかもしれませんが、呼吸を深くとりカウントすると集中できるかもしれません。

—————————————

1から4でだいたい眠られますが、私はそれに加えて以下の手順を加えています。

5身体を循環するエネルギーを意識する。私にとっては光みたいなイメージが身体を包んで回っている。

 

6エネルギーの循環イメージができたら、「私」を意識してエネルギーを固めます。(私の場合、眉間あたりに感じます。)

 

7そこから上空に浮かべたもう1人の「私」にエネルギーを移していくイメージをします。

→空間に自分が溶けていく感じでもいいかもしれません。

————————

全体的にヨガでいうところの「死体のポーズ」みたいなものです。

 

ヨガ→仏教の座禅→メンタルフルネス瞑想というような流れを汲んでいるので彼らは似たようなものなんですね。

 

寝付きの悪い方は是非騙されたと思ってトライしてみてね!

 

それでは、相生でした。

WRITER- 相生 みずほ -

相生 みずほ

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -