星の王子さまというお話し🌟

2020-1-16 | お知らせ

星の王子さま「かんじんなことは目に見えない」

『星の王子さま』の本にある「かんじんなことは目に見えない」という言葉はあまりに有名ですが、著者のサン=テグジュペリが、戦場に向かう前に妻に残した言葉をご紹介します😊

「泣かないで。未知なるものは発見しようとすると美しいものだ。

僕は国のために戦うつもりだ。

僕の目を見ないで。

だって、僕は君の涙を見る悲しみと義務を果たす喜びで泣いているのだから」

そして、こう続きます。

「置いていかなければならない宝物を持っていることを、天に感謝したいくらいだ」 byサン=テグジュペリ

これから戦場に向かわんとするいま、いつ死ぬかもしれない。

もう妻とは2度と会えないかもしれない。

その瞬間に、現実を嘆くのではなく、妻と出会えたことに感謝しているのです。

そして、実際にこれが永遠の別れになってしまうのですが、サン=テグジュペリは、死ぬかもしれないその直前にも、今そこにある幸福を見いだしました。

避けられない現実があったとしても「解釈」は自由に選べます。

「不足」になるから「豊富」を考える

ネガティブになるからポジティブが美しい

これは陰陽の法則で生きる人生の知恵

いつだって幸福はいま、ここにある。

あなたは、アナタに見つけてもらうのを待っているのかもしれません🌠

【みんなが考えているよりずっとたくさんの幸福が世の中にはあるのに、たいていの人はそれを見つけられない】 by モーリス・メーテルリンク(ベルギーの詩人)

WRITER- WarmRelation -

WarmRelation

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -