承認欲求を承認する会

2020-3-3 | その他

はいっ。

スバルです。

最近コロナの影響でバイトのシフトがごっそり減ったのでわりと暇してるスバルです。

せっかく時間できたので、今までずっと考えていたことを言語化してみようかなと思い立ちました。

同じくコロナで暇している方いたら暇つぶしがてらお付き合いください。

 

 

承認欲求ってあるじゃないですか

(突然)

 

—–

承認欲求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/10 14:37 UTC 版)

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

—–

どちらかというと自己満足とかと同じくくりで、あんまり良くないイメージの言葉なんじゃないかなと思います。

「そんなの承認欲求を満たしたいだけじゃん」みたいな。

 

でも僕、良いと思うんですよね、承認欲求。

っていうか、人は承認欲求でこそ強くなれるんじゃないかとすら思うんです。

実力が認められれば嬉しいし、努力が認められればやって良かったって思うし、可能性を認められればもっと頑張ろって思える。

ヒトは群れで生きる生物です、人は他人との繋がりによって生きていけるんです。

だから、それでいいんです。

 

僕がそれをはっきり感じたタイミングが2つ

・WRのキャストとして☆3にランクアップさせて頂いた時。

・LiSAのライブでのMCを聞いて

 

当サイトのキャストがランクアップできるのはお客様に指名して頂けるからです。

何人もの方に指名して頂けたからだんだんとランクがあがります。

 

だから僕が今抱えてる☆は、皆さんから認められた証です。

僕はそれがとても嬉しくて、今までどちらかというと独りだった僕が認められたなって思って、

 

そしてもっと頑張ろうって思いました。

 

そんな矢先、歌手のLiSAのライブに行ったんです。

ツアータイトルは「LiTTLE DEViL  PARADE」

みんなの中に潜んでる小悪魔たち(嫉妬心、弱気な心、欲望etc)を愛してあげよう、一緒に連れて仲間にしてパレードしちゃおう

そんなテーマのツアーでした。

そのライブの1場面、曲の前奏部分が終わりテンポアップする直前に彼女は言ったんです

「みんなの感じてること悩んでること、なーんにも間違ってないよ!」

その瞬間、スバル号泣。

 

自分ってこんなに悩み抱え込んでたんだって気付いて、それを認めて貰えることがこんなに頼もしいんだって理解しました。

 

このサイトを利用してくださる皆様も、承認されることを求めている方って多いんじゃないかなって思います。

自覚はなくても、多かれ少なかれみんなあると思うんですよね。

僕は声を大にして言いたい。リアルのスバルは大声なんて滅多に出せないけど、ここは声を大にして言わせて頂きたい。

自分を褒めてあげてください!!!

 

誰も手伝ってくれない家事を頑張ってる主婦のあなた、すごいです!

自分の力で生きていくためにバリバリ働いてるあなた、すごいです!

好きなものを好きだとはっきり言えるあなた、すごいです!

外出する気力が沸かないけど、そんな自分を変えたいと勇気を出してメールをくれたあなた、とてもすごいです!!

 

この世に生きてる皆様はすごいんです!

だから皆様自分を褒めてあげてください。

できないなら、僕が褒めます。

僕達キャストがあなた方を承認します。

そのために僕は、キャストをします。

 

実は、私、崎山昴、この3月でキャストを辞めようかと考えていました。

これは始めるときから思っていたことで、社会人になったら本業に集中したいから、学生の間の社会勉強、そんなつもりで始めました。

でも、いろんな人がキャストとしての僕を認めてくれました。

先輩キャストさん、事務局の方、そしてお客様

先月には大変有難いことにランキング3位に載せて頂きました。

正直、めっちゃくちゃ嬉しかった

誇らしかった、有り難かった

認めてもらえて、もっと頑張ろうって思った

 

だから、もう少し頑張ることにしました。

仕事は初めてみないと分からないのでいつまでできるとは言えないけれど

僕が人に認めてもらえて嬉しかったように、誰かを認めるために

スバルさらに頑張ります。

WRITER- 崎山 昴 -

崎山 昴

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -