向き合いなよ…。「別れ」を経て。

2018-7-19 | その他

「全力で彼女を幸せにすると誓います!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が齢25歳の時に挙げた結婚式で…祝ってくれたみんなの前で言った言葉…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…自分が子供の頃の父母は、それはそれは喧嘩の多い家庭で、離婚の危機もちらほら見てきた。
子供ながらにそれを見てきて…ぐっと“我慢”してきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…そんな喧嘩する父母を見てきた自分に醸成された気持ちは1つ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「両親を反面教師にして…絶対に幸せな夫婦関係を築きあげてやる!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その想いは人一倍強かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それで、、、結婚した当時の私は……人前で冒頭のような誓いをした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結婚し…子供が生まれ…幸せはお互いに実感しているはずだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夫婦って…お互いに必要とし合って…「2人で歩もう」…と、そう決めて歩みだしたはずのもの…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな人生のパートナーなはずなのに、そんなパートナーに対して…「譲れないプライド」を誇示する自分が現れていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だんだんと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
細かい生活の感覚の違い。物事に関する見解の相違…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「自分が変わればいいや…」と、最初は言われたことは素直に聞いていたと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ…今思えば、これは“我慢”なだけだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我慢は風船のようで、溜まっていくと…その風船はやがて…爆発してしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「何で自分がそんなに言われなきゃならないのか…。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「俺はちゃんとやっているじゃん…。全然評価しないじゃん…。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あいつは何も分かっていない…。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…いつの間にか…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やってやってる……感を出してしまい…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分が正しい。(相手が、間違っている)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう思ってしまっていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その当時の自分は…もはや我慢する風船は…破裂。プライド重視の気持ちが先行し、パートナーの訴えなんて、聞いているようで聞いていない感じだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事あるごとに会話の中で自分のプライドを優先する言葉が現れ…パートナーの声を“聞く”…というシンプルな事が出来なかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、孤高な自分であろうとしたのか…素直に「甘える」という事が出来なくなった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夫婦は…やはり“男女”。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素直に自分を出して、甘えればよかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それができる唯一の相手だったはず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯車はずれ続けた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
口を聞くことも少なくなり…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供に対する見解も食い違い…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たまに会話をしたとしても、その時の思考はもう…「自分を守ること」に終始した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある日の口喧嘩で…決定的な一言を口走ってしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「関係ない!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんで自分もそう言ったのかビックリなんだけど、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱり自分を守ることに終始してたんだろな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…子供達はやはり可愛く、溺愛した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その愛を…どうして…隣に向けなかったのか。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時計は進み続け…2人で話し合いを経て、別々の道を歩むことを選択した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供達はまだ状況を理解できていないかな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、自分の経験からも…これから何が起こるかはきっと察しているだろうな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家族の住処からは先に元妻と子供達が出て行くことに決まった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春になり…桜が咲く頃。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
部屋の一角に…たくさん積まれていく…元妻と子供達のお引っ越し用のダンボール。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある朝。今日が最後の日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おはよう!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「パパ!おはよう!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子供達といつもの感じで食事して、そして仕事に行った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事から帰ってきた……自宅。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3LDKは独りにはとても広く感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
積まれたダンボールはもうなく、「おかえり!」の子供達の声も…もうない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
独りで声を出してみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空っぽの部屋で出した声は、本当によく響く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家具のない部屋でゴロンと横になってみる…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あーあ。なんでかな。うまくいかないなぁ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと、自分の荷物の上にあった一枚の紙。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「 Thanks Makoto ♡ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…一緒にいた10年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受験生でもあった…10年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結婚し…子育てに必死だった8年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寝るに寝れず…追われるように子育てをした日々。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夢の実現のための転職。勉強を続けた日々。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中だるみもしたっけな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
思えば…行きたい場所に連れて行く…ということも…叶えてあげれなかったな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受験と仕事と家庭と…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いろんなわらじを履きすぎたかな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんで自分を誇示し続けたかな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局…愛し切ってあげれなかったな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の両親よりよっぽどダメなことしちゃったな…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局…誓った事すら、できてないじゃんね…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時間…戻んねぇかなぁ。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…あれから3年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「今、まさに…人生を全力で生き切っているか…。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが私のテーマ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
走りきる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
試験も合格する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかくやってみる〔チャレンジする〕。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恥じない背中を見せる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諦めない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
感謝する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして…“我慢”はほどほどに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
言いたいことは…たくさんの言葉で包むけれど、誠実に想いを込めて…ちゃんと伝える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分と向き合って…今もまっつんは生きています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたもそうですよね??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたのその経験は…これからどう生きるか…という点において、必ずあなたの糧になるはず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いろいろある人生だけれども、自分と向き合って…前向いて…やっていきましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長文ですが、読んで頂いてありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誠より。

WRITER- 松岡 誠 -

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -