僕らはひとつになれない

2018-12-27 | その他

こんにちは!

 

久しぶりの投稿となってしまいました。

 

師走の名の通り色んな事があって、時間が経つのが早い、、、

 

 

そんなこんなで近況報告です!

もう先週ですが、星野源×マーク・ロンソンのLIVEに行ってまいりました。

 

 

ミーハーかと思われるかもしれませんが、好きなんです。どちらも。

 

タイトルにした言葉も、星野源さんの「ばらばら」という曲の中の詩なのですが、

 

ある人間関係に絶望した時に作った曲みたいです。

 

でも、この詩には絶望するだけではない別の意味も込められていると思っています。

 

僕らは本当の意味ではひとつになれない、友人、恋人、夫婦だったとしても。

 

でも、だからおしまいって考えたら、ずっと痛みを背負ったままです。

 

 

多分、この関係はこうあるべき。もしくはこうしたいと考えてしまう人ほど辛くなってしまうのかなと思います。

 

 

僕もかつてそうでした。

恋人に浮気されたり、信頼してた人に裏切られたり、、、

その時には嫉妬や憎しみ、虚無感、そういった強いマイナスの感情で支配されてしまっていました。

 

当時の僕は結局、相手にこうあって欲しい、こうしてほしいと悪い意味で期待してしまっていたんです。

だからこそ、相手が予想外の行動をした時に拒絶した。

 

 

 

 

でも今は、それ以外の気持ち、思考を持つことが出来るようになっています。

 

ただ現在の僕の文章力だと言語化するのも難しいし長くなってしまうので、詳しいことは割愛させていただきますね。笑

 

 

このブログは読者全員の共感をとれるものではないでしょう。

 

でも、読んでくれる皆さんの中に響く人がいると思って敢えて書きました。

 

 

何言ってんだって感じの方は、あぁこいつは星野源とマークロンソンが好きなんだなくらいで認識していただけたら幸いです。笑

 

 

では、また投稿します( ´ω` )/

読んでいただきありがとうございます♪

WRITER- 上矢 悠人 -

上矢 悠人

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -