今夜は寝かせないよ

2020-4-1 | その他

こんばんは、星野裕太です!

今日は最近僕が仕事中に体験した事を話したくてブログに書きました。

ちょっとホラー要素があるので苦手な方は見ないでね。

 

 

 

 

僕の本職は、プロフィールにも書いてありますが郵便配達のお仕事をしています。

仕事の流れを簡単にご説明すると、

配達エリア毎に荷物が振り分けられ、担当するエリアに振り分けられた荷物に書いてある住所を見ながら紙の地図に印をつけて、荷台に積んだら

その地図を見ながらお客様のお宅へ行き、荷台から荷物を探してお届け。

という流れなんですね。

表札がなかったりしたら局のコールセンターの方に電話すれば教えてくれるので安心です。

 

そして、先日。

まだ慣れていないエリアをいつものように、アパートへの配達があったので地図を付け、現場へ行きました。

オートロックのアパートの404号室だったのでエントランスで呼び出しました。

「こんばんはー!郵便でーす!」

すると

「どうぞ」

と応答があり自動ドアが開く。

階段で4階まで上がり404号室を目指すも、4号室が無いタイプのアパートの様で403の次は405となっていました。

でもさっき確かに反応があったし、だから自動ドアの中に入れたなと

中には複雑な形をしているアパートも多い為別の階段から回り込んで探してもやはり403の次が405

疑問に思った僕は一旦車へ戻りコールセンターに電話をかけ聞いてみた。

「〇〇町△-□-×404って〇〇さんであってますよね?」

コールセンターの方は親切に調べて下さりそこの住所で正しい事を教えてくれました。

ふと、地図を確認すると全く同じ番地で隣り合ったアパートが二棟あったのでアパート名も確認したところ違った方のアパートを訪問していたことが分かりました。

結局その日、荷物は無事正しいお宅へお届けできました。

が、次回間違えた方のアパートの4号室に荷物があった時に迷わないよう、先輩に4号室への行き方を尋ねてみると

「あー、そこは4号室ないよー同じ番地だから気をつけな!」

納得できなかった僕は同じアパートへ行きもう一度404を呼び出しましたが、「error」の文字が。

無い部屋は呼び出せないのです。

本当にそのアパートは複雑な構造をしているわけでもなくただ単に4号室が無いタイプのアパートだったのです。

では、あの時「どうぞ」と中へ入れてくれた404号室はどこへ行ってしまったのでしょうか?

文字通りNot Foundだったのです。

と、いうエイプリルフールのお話。

ちゃんちゃん

WRITER- 星野 裕太 -

星野 裕太

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -