三菱修哉ウォームリレーション卒業します

2019-2-9 | その他

 

この度、わたくし三菱修哉は、

 

2019年2月の今月をもちまして、ウォームリレーション活動を終了させていただきます。

 

 

ウォームリレーションでは、今までにない感動と成長をさせていただきました。

 

 

僕と出会ってくださった多くの方へ最初に伝えさせていただきたい気持ちは、

 

 

「ありがとう」です。

 

 

急なこのような報告になってしまうこと、申し訳ありません。

 

 

そしてなにより、たくさんの素晴らしい仲間との出会いを感謝しています。

 

 

 

ふと、僕が高校生の頃を思い返しました。

 

 

高校1年のその頃はバスケ部で、普段の練習中に監督が抜き打ちで、

 

「これから行う10キロマラソンでトップ5に入った者を次の公式試合のレギュラーにする!」

 

ということを告げられました。

 

その日に限って僕のコンディションは悪く、お昼もろくに食べてない状態だったのですが、

 

「絶対に先輩を抜いてレギュラーになってやる!」

 

 

そんな野心のもと真夏の炎天下の中、途中ほとんど意識がなく精神力だけで走り、2位でゴールしたのを確認して気が抜けた瞬間に意識が完全に途絶えました。

 

 

目を覚ました時は、病院の真っ白な天井を見ていました。

 

 

僕はひどい脱水症状、熱中症、栄養失調で1週間強制入院を余儀なくされました。

 

 

その1週間、高校の仲間だと思っていたメンバーから見舞いに来てくれることは1度もありませんでした。

 

 

そしてなによりショックだったのが、

 

 

退院してから学校に行っても、クラスメートの誰からも「今まで急にどうしたの!?」というような心配の声をかけてもらえなかった。

 

 

そう、僕は誰からも「無関心」でいられていたんです。

 

 

理由はすぐに自分で気づきました。

 

 

無関心でいられていたのは、自分がみんなに無関心だったから。

 

 

愛情の反対は無関心。

 

 

僕はその時にもの凄い悲しく悔しい気持ちと、

 

「これから絶対に人に影響を与えられる人間になってやる!」

 

と心に誓いました。

 

 

これが、僕が人と本気で関わりたいと思うようになった原点です。

 

 

そして今、本気で向き合いあえる多くの心からの仲間と過ごすことができ、その大切さに感謝しています。

 

 

今後僕はウォームリレーションで経験してきたことを活かして、より世の中の多くの人が自由に幸せだと感じてくれるものを形にしていきます。

 

 

そして、おもしろい!っと思ってもらえるものを生み出していきます。

 

 

かけがえのない出会いこそ、自分自身の最高の感動成長であり、幸せです。

 

 

もちろん、人生は自分のなんでも思い通りにいく簡単なものではない。

 

 

だからこそ、やりがいがある。

 

 

そしてそれが、一生の気づき成長のいきがいになる。

 

 

この気持ちと共に、僕はこれからもさらなるおもしろいワクワクの未開拓領域へと走り出していきます。

 

 

奇しくも今月2/20は僕のウォームリレーション2周年記念の節目の月。

 

 

ここまで共に走ってくれた最高の感謝と共にもう一度この言葉を言わせてください。

 

 

今まで本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

WRITER- 三菱 修哉 -

三菱 修哉

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -