パーソナルな話しができる仲間

2018-12-19 | その他

今日は洋平くんに誘われて、悠人くんと洋平くんと3人で舞台を見てきました。

 

小さなライブハウスで、背景も何もなく、音楽も無く、人がただ芝居をする。

結果それが、俺を夢中にさせた。

気づいたら心揺すぶられて泣いていた。

 

日々複雑になっている世の中だからこそシンプルさに心打たれる。

そして本気さに心打たれる。

 

そして、心が揺さぶられたせいか、

舞台を見終わった後は、悠人くんと洋平くんにかなりパーソナルな話しをしていた。

パーソナルとは、言ってしまえば俺自身の弱み。

 

昔の俺は、弱みを隠すことに必死だった。

だって、弱みを見せたらみんな離れていってしまうんじゃないかという恐れがあったから。

 

でも、弱みを見せて離れる人間関係ってそもそも必要?

 

今年一年、寺岡プロデューサー(荒木代表)が背中で教えてくれた、

弱さを見せる勇気を。

 

それが俺には最高にかっこよく見えた。

 

本当に強い人間とは弱さをさらけ出せる人間。

 

そして今日思った、

弱さをさらけ出せる仲間がいるって最高。

 

リーダーという立場上、リーダーらしくとか色々考えてしまったりもする。全然できてないんだけど 笑

 

悠人くんと洋平くんと俺は、自分の中の感覚を大切にしているという部分で共感している。

 

それぞれの人が自分の中に独特の感覚を持っている。

社会で上手くやっていくとは、

その独特の感覚を上手にしまっておくことであったりもする。

 

このサイトに訪れた人には、

きっとこの感覚が伝わる。

 

だから初めて会う人にもこの感覚をシェアしていきたい。

 

WRITER- 神流 一紗 -

神流 一紗

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -