コニカミノルタ プラネタリア

2019-2-25 | デートプラン

デートプラン、というかもはやもう僕が行きたいとこをただ紹介する回です。

僕別に星猛者(天体観測ガチ勢みたいな人たち)では全然ないんですが、小さい頃からプレネタリウムが好きで、両親によく連れて行ってもらっていました。

 

プレネタリウムといえばコニカミノルタのものが有名で、池袋サンシャインシティにある満天、スカイツリーのふもとソラマチにある天空の2つが今まではありました。

そんな中昨年12月に有楽町の駅前に新たにオープンした施設が

コニカミノルタ プラネタリア TOKYO

 

 

JR有楽町駅を出てすぐ、有楽町マリオンの9階という非常に行きやすい立地!

この有楽町という場所は実は1938年に東京初のプラネタリウムができた場所だったらしいですよ。

80年の時を経て、進化した新しいプラネタリウムができたわけですね。

 

さてそんなプラネタリア、何があるかと言いますと。

まずコンセプトは

“宙(そら)と大切なことに出逢う”

です。

 

コンテンツとしては大きく分けて4つ。

①多目的デジタルドームシアター(DOME1)

②プラネタリウムドームシアター(DOME2)

③VirtuaLink(VRアトラクション)

④Cafe Planetaria・GALLERY PLANETARIA(ショップ)

 

プラネタリア最大の特徴が日本初の”ツインドーム”プラネタリウムです!

DOME2はいわゆるプラネタリウム、中央に投映機があり、ドームに映される映像をリクライニングする椅子に座って見るものです。

今までのプラネタリウムと違うのはSOUND DOMEシステムという、きめ細やかな音響!そしてもう一点は前方に設置された銀河シートです

これはカップルに最適(〃∇〃)

二人寄り添って、手なんか繋いじゃったりしながら見れますね!!

現在のプログラムではドリカムや久石譲さんとコラボした、音楽も楽しめる作品を上映しています。

 

そしてそして、特徴的なのがDOME1

こちらはDOME2のように中央には投映機はありません。

入るとそこには床から全部、360°の映像。

ドームの壁面に何箇所が設けられた小さな投影機から映し出される映像により見渡す限りの”全天周映像”が楽しめます。

夜空や幾何学的な映像に包まれながら観客が見るのは演劇や音楽ライブ。

投映機を壁面に移したことにより空いたスペースで、映像に+αのコンテンツが提供できるんですね〜♫

 

僕も実際に目の前で演奏してもらえるプログラムを見に行きましたが、もう最高な時間でした(*´ェ`*)

前方には1人1つのふかふかビーズクッションの席。

自宅にいるか、あるいは芝生に寝転んでいるかのようなリラックス感です★

 

ドームにより上映の他、楽しめるものはまだあるんです。

③として書いたVirtuaLinkは以前お台場のダイバーシティにもあったVRアトラクションです!

ゴーグルとヘッドホンを装着し、プログラムが始まるとそこはきれいな星空の見える街

実在する風景をデジタルスキャンから再現し、同じ回の参加者とコミュニケーションを取りながら夜の街を散策できるというものです

(内容は時期によって変わるみたい。)

 

④はCafe & Shop

Cafeでは宇宙をテーマにしたインスタ映えしそうなおしゃれなスイーツやドリンクが楽しめます。

Shopには星空モチーフの様々なかわいい商品!なんとあの4℃とのコラボアクセサリーなんかもあるんです!

 

 

このように!まったく新しい、そしていろんな楽しみ方ができるプラネタリア

有楽町駅出て徒歩1分もかからないぐらいでしょうか。

1つ下の階には美味しいレストランもありますし、少し歩けば銀座のブティック街にも出られる良い立地でございます。

 

ランチやディナー、ショッピングと一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか♫

 

コニカミノルタ プラネタリア TOKYO

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

東京都千代田区有楽町2丁目5-1
有楽町マリオン 9階

WRITER- 崎山 昴 -

崎山 昴

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -