【懺悔編】明日、寿命を終えるなら...誰にも言えない事をここで。

ある日、突然、あなたは居なくなる。
昨日まで元気だったのに、何故?!?

…いま健康で五体満足で生きているが、そもそも人生は突然終わってしまうかもしれない可能性が存分に秘められています。

もし、その時が「明日」だったらどうしますか?

残り時間がわずかだと知ったら、あなたは今何をしたいと思うのでしょうか?

美味しいものをたくさん食べる?思いっきり寝る?浴びる程に飲む?

どれも残された時間を素敵な時間にしようと思ってする事と思います。
ただ、あなたは少なくともその時間の中で「過去」を振り返りませんか?

自分の過去、どう生きてきたか??どうだったか??

もしその中に、誰にも言えないけれど「ごめんね」と言いたいことがあるとしたら??

・・・人は誰しも罪を背負っている。
人を傷つけてしまって、でも同時に自分も傷ついている。
できればそれを直接詫びたいが、今となってはもうそれはかなわない。

・・・過去の罪というトゲがあなたにも刺さっている。このトゲは・・・実はとても痛い。

もう抜くことのできないトゲかもしれない。
でも、この痛みを和らげる事ができるとしたら・・・。
どこかで詫びる事ができるとしたら・・・。

・・もしそう思うなら、こんなデートもある。

本編はそんな事ができる場所にあなたをお連れするデートプランです。
一人で行く勇気がなかったり、実の恋人やご主人と行けない場所に、僕があなたをお連れします。

待ち合わせ場所は、神楽坂駅(または、牛込神楽坂駅)。
向かう先は神楽坂 日蓮宗 圓福寺。

ここは過去の懺悔を行う事ができるお寺です。
寺のお言葉を借りるとしたら、「過去の行いの結果=現在の状況」。
あなたにささったトゲが痛いのだとしたら、やはり過去の何かを背負っているのだと思います。

ここには「懺悔守り」というのがあります。
1枚500円。1つの御守りでお詫びする数は何個でも構いません。

必要なお作法はお寺で教えていただけます。
御守りに書くべきことを書き、手を合わせ、好きなだけ自分と向き合ってください。
とことん、僕もお付き合いします。あるいは、必要ならば私は離席しておひとりで。
時間は気にしていただかなくて結構です。いくらでも待たせていただきます。

もしかすると、今の自分は前世からの罪を背負っているのかもしれません。
「懺悔守り」は現世を飛び越え、過去生の罪、あるいは先祖の罪もお詫びできるといいます。ここに来れたことも何かのご縁。今のあなたはきっと意味があってここに招かれたのだと思います。

懺悔はできましたか?もしかするとあなたは懺悔中に涙するかもしれません。
でも、その涙の意味は・・・あなたが一番よくわかっているはずです。
僕から見たあなたのその涙は、とても美しいと思います。

あなたのその涙。今のあなたが「1つの結果」だとしたら、今日のあなたの行いがまたあなたの未来を決定付けるはずです。
そう。過去を懺悔し、少なくとも・・今よりいい未来へと。

その後の行先はあえて無計画でいきましょう。
カフェなのか、お食事なのか、スカっと飲みたいのか。
今のあなたの気持ちにしたがって、”ご縁”のあったお店の門を叩きましょう。思ったこと、感じたことをたくさん聞かせてください。

今日のこの日が、あなたにとって一つの節目となりますように。

松岡 誠

※画像の引用元
神楽坂 圓福寺 公式サイト
http://www.enpuku-ji.jp/

WRITER- 松岡 誠 -

松岡 誠

RELATED- こちらもおすすめ -

NEW- 新着投稿 -