私が苦手なパーティで気づいたこと

ブログ

先日、起業家や起業してみたいという思いを持つ人たちが集まる交流会パーティに行ってきました。


ここは、「出会いの大切さ」と「仲間との繋がり」に拘った、《縁を深め、広めていく》ことをコンセプトに行っているパーティです。


自分はこういった場所に行くのは少し苦手で、なぜなら人見知りが激しく、大勢がいる場所などで話したり見られたりすることに緊張してしまうからです。


しかし今回は友人が主催だったこともあり、こういった場所へ足を運び、自分のやっている仕事(レンタル彼氏)に対して話し、皆さんがどういう意見を持つのか聞いてみたい気持ちでパーティに参加しました。


色々な方々と友人のおかげもあり、たくさんお話することができました。

この仕事に対して「偏見を持たれるのではないか」とか、「いい歳してそんなことやって」とか言われてしまうのではないかと勝手に思いながらも、自分のこの仕事に対する思いや考えを話してみると、皆さんから好意的な意見の数々を頂きました。


もちろん「こういう場だから」ということも少なからずあったとは思いますが、皆さんの意見を聞いて、自分はよりこの仕事に対しての思い、そして自分のやっていることは間違っていないという自信を持つことができました。


そんな僕の思いというのは、デートを通じてエスコートすることで、女性としての価値を再確認してもらい、貴女は素敵な女性なんだということに気づいてほしい。


そして何より「楽しいこと」「笑顔になること」を目的に、その時間が幸せな時間だったと思えるよう時間にすること。


利害関係がないからこそ、僕には話せることや、やれることがたくさんあると思います。


そんな日常にはない楽しい時間を過ごすことで、お客様の日常に還元したいという思いです。

100%理解してもらえたかはわかりません。


ただ僕は本気の思いでこの仕事に取り組んでいます。


まだ世間からは偏見の目があるかもしれないけど、僕はこの仕事に誇りを持ってこれからも取り組んでいこうと思いました。


少しでも「楽しかった」「幸せだった」と思ってもらえることが、僕にとって何よりの幸せです。



武田光